TsubakuroWeb>パーミッション
【パーミッション】
パーミッションとは、そのファイル又はディレクトリに対して「誰が」「どのような」
権限をもっているかといったことを定義するものです。間違った設定はCGIが
正しく動かない原因になります。また、セキュリティーに関わることなので、しっ
かりと設定してください。
【誰が!?】
ファイルの所有者・グループ・その他第三者に分けられます。それぞれ英語で
表示されることもあります。

owner=ファイルの所有者
group=グループ
other=その他第三者
【どのような!?】
読み込み権・書き込み権・実行権に分けられます。それぞれ英語で
表示されることもあります。

read=読み込み権
write=書き込み権
execute=実行権
【設定】
「誰に」「どのような」権限を与えるのかを755や666などの数字もしくはrwxr-xr-xや
rw-rw-rwなど記号で表されます。下の表を参照にしてください。

パーミッションが755の場合
user owner
(ファイルの所有者)
group
(グループ)
other
(その他第三者)
動作 read
(読み)
write
(書き)
execute
(実行)
read
(読み)
write
(書き)
execute
(実行)
read
(読み)
write
(書き)
execute
(実行)
10進数値
許可

パーミッション

パーミッションが666の場合
user owner
(ファイルの所有者)
group
(グループ)
other
(その他第三者)
動作 read
(読み)
write
(書き)
execute
(実行)
read
(読み)
write
(書き)
execute
(実行)
read
(読み)
write
(書き)
execute
(実行)
10進数値
許可


パーミッション

設定755を例に説明すると、owner(ファイルの所有者)は、読み・書き・実行のすべ
ての権限をもちます。だから10進数値の4と2と1を足してパーミッション7となるわけ
です。
残りの二つについては読み・実行の二つの権限しかありませんから、10進数値の4
と1を足して5となるわけです。しつこいようですが「誰にどのような権限を与えるか?」
それがパーミッション設定です。
【およその設定】
755(rwxr-xr-x)
CGIファイルのパーミッション指定はほとんどこの755です。所有者にすべての
権限があり、他の人には参照と実行を許可しています。
666(rw-rw-rw-)
データファイルに多いパーミッションの例です。すべての人に参照と変更の
権限を許可しています。
644(rw-r-r-)
ライブラリなどにみられる値です。データファイルなどと違い、変更の必要が
ないので所有者以外には参照の権限しかありません。
777(rwxrwxrwx)
CGIファイルやデータファイルを設置するディレクトリのパーミッションによく
見られます。すべての人にすべての権限がありますが、セキュリティ的に
は最も甘いですから取り扱いは慎重に。

TsubakuroWeb>パーミッション